2008年03月22日

千葉鴎vs北海道熊(第2回戦)

鴎が成瀬くん、熊がヤクルトからやってきた藤井投手という両左腕の先発でありました。成瀬くんはかもめーずの左のヤングエースとして活躍を期待したいですし、藤井投手は移籍後にいいところを見せたいでしょうしと昨日の引き続いての投手戦が予想されました。

この試合、一番の見所はかもめーずのスタメンでしょうか。

1 (遊) 西岡
2 (指) 堀
3 (捕) 里崎
4 (中) サブロー
5 (一) ズレータ
6 (左) 竹原
7 (二) 田中雅
8 (右) 南
9 (三) 今江

DH堀さんにドキドキエカエカして、7番8番のコンビにドキドキワクワクしてしまう紳士です、こんばんわ。

さて、本編の試合ですが、3回に先制したのは日本ハム。成瀬くんの調子がイマイチというか、甘いところを痛打される、そんな感じに見えました。ハムの藤井投手も元々地力があるピッチャーですし、雨の神宮でもない限り厳しいのかなぁと言う思いで一杯になります。

4回表に幸一さんのヒットを足がかりに同点へ、さらに5回には今江と西岡の長打で逆転に成功。大きいのがあるわけでもないですし、つながりが綺麗にある訳じゃあないのですが、さっくりと逆転に成功であります。

しかし、成瀬くんがやっぱり調子が上がらない中、6回裏、田中賢介選手にライトへソロムランを浴びてしまい同点。逆転されなかったので、まだ上がり目があると強いキモチで見守ります。梨田さんが藤井投手を6回で下げ、代わりに登板したのは同じくヤクルト組の坂元。継投継投で行く模様な熊さんず……。

7回表、代打の早川部長が三振に倒れた後、今江くんがフォアボールを選んで出塁。西岡くんライトフライの後に打席に立ったのは、数少なくなったオリオンズ戦士(と言うか、現役ではコミさんとコーイチさんだけかw)の堀幸一選手。


タイムリーツーベースキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


結局、これが決勝点となり、勝ち越し以降成瀬くんも持ち直して完投勝利。今シーズンの初勝利と相成りました。成瀬くんも最初はどうなるかと思いましたけど、持ち直して良かったですよね。最後、厳しいサトにポンと頭叩かれてましたけどw

しかしまぁ、コーイチさんのハッスルがあったのは良かったんですけど、不思議な勝ちだったなぁと。序盤の成瀬くんを見ていて、いつボカンとやられるかドキドキでしたしねぇ。

・札幌ドーム
☆千葉鴎 3-2 ★北海道熊

まぁ、勝てばいいんです、だよね。
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12990564
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック