2008年02月19日

2008年プロ野球選手名鑑(2)

ねっこはかもめーずですが、もはやプロ野球のファンとしか言えなってきてしまった昨今ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

昨日もチョロッと書きましたけど、ファームの面々も広く把握して、活躍を祈っているという面ではまず間違いなくかもめーずと言う名の紳士なんだと思います。ただ、それだけでいいのか? 日本プロ野球をEnjoyするのにそれでいいのか? と言う思いがアタシにはあります。

一つは小さいながらもほぼ趣味の時間と化したエフエムさがみ「ウィークリーホットライン」でプロ野球の話をしていて、12球団のネタを拾っていった結果、今まで木塚なかった面白さが見えてきたという事。野球好きのリスナーさんが一杯いる中で、単一球団だけを見てきて話しても、それはそれでどうなんだという思い、実際に「いつも聴いてるよ」と言われるリスナーさんの中で、かもめーずな人は一握り。中継先に遊びに来てくれるリスナーさんの嗜好球団は、熊・猫・鴎・星・兎・鯉と本当にぐちゃぐちゃなんですけど、本当に仲良く野球談義に花が咲いていますw

そしてもう一つの垣根がとれかけてる原因は、ラジオや旅、球場探訪と共に私のライフワークとなった「球団マスコット達の活躍」、でしょうか。彼らの活躍を見ていると、もちろん所属球団の勝利を呼び込む人として頑張っている姿は姿としてあるんですけど、球場に来てくれたお客さんすべてを楽しませようとするその動きにグッと来てしまったわけで。そんな姿を見ていると、所属球団とかそう言うのはあるにせよ、全員が全員頑張って欲しいと思うわけでありまして。あとはまぁ、邪の道はヘビじゃないですけど、各球団の球団マスコット関係の方々(アテンドさんや本人w、広報さんなど)に面が割れているが故w、一つの球団さえよければそれでいいという考え方が薄れてきてしまっているのかなぁと。
他球団さんも もっともっと交流をやりましょう。 ファンのみなさんに喜んでもらえますし、
キャラクターもチアもみんなレベルがグッと上がります。
レベルが上がればファンサービスの向上になります。
ホーム球場を飛び出し、またホーム球場にお迎えして、試合をする良さは
やってみたものしか絶対にわかりません。
特に中日ドラゴンズの広報、石黒さん(現在、北谷でドラはキャンプ中にもかかわらず、石黒さんはドアラ先生対応で大わらわ。なんか、ハンチングをかぶり、パイプをくゆらすドアラ先生と編集者よろしく後ろで対応している石黒さんが浮かんだw)が公式ブログで書いたこのテキストが私の行動原理になっているような、そんな気がします。色んな球場の色んなマスコット交流を見ているワタシですけど、どこのスタジアムでも「同じ」って事はないんですよ。それこそ球団の中の人たちが頭ひねって「お客さん達をどう喜ばせるか、どう楽しませるか」を考えている訳です。その結果を色んなスタジアムで感じたいと思い始めると、もはや贔屓球団とかそう言うのがあんまり関係ない、プロ野球のファンでありたいと思うわけですよ。


でもまぁ、ライフワークのすべてが実はリンクしていたりするんですけどね。

ラジオで野球の話をする

生観戦でしか見えない物を伝えたい

スタジアムに行く

スタジアムで活躍している選手や球団マスコットに代表されるエンターテイメントにドキドキ

そのエンタメから自分が担当しているラジオのネタ探しとMCなど喋りの参考


面白い方に100点賭けられる自分の性格とそれを許してくれる周囲と環境に感謝。

日刊スポーツ スポーツグラフ「2008年プロ野球選手名鑑」の掲載順に準じる形で今日はパシフィックリーグを見ていきましょう。とりあえず機能に引き続き、オサナイさんが注目している選手と手元の選手名鑑の写真が面白いことになっている選手を揚げていこうと思いますw

※敬称略で、私のツボには名称の後に「w」がつきます。


梨田監督/ダース/歌藤/中田/中嶋/坪井


みんなだいすき>< ……なんだけど、ピッアップしますw

荻野/浅間/唐川/内/下敷領/シコースキー/手嶌/高木/相原/末永(投手)
青松/宮本(捕手)
塀内/細谷(内野手)
神戸/早川/定坊/佐藤/大谷(外野手)

他、昭和51年会(渡辺/里崎/橋本/サブロー)の面々



的場/川崎/多村/大村


野村監督/一場/朝井/小山/大廣/西谷/森谷/山崎


小野寺/大沼/中村


川越/本柳/加藤大/加藤康/大久保/菊地原/辻/大引/阿部/後藤/北川/木元/平下/古木


ざっと見て、かもめーずは別格になってしまいますが、それ以外だとどこのネタスレを見ているか一目瞭然なんじゃないかしらとw

 |
壁|<何はなくても川越さん格好いいッス
 |

と言うわけでw、オリックス・バファローズは完全にネタスレの影響で気になる選手が増えました。ものすごく直球な話だと、合併騒動のおかげもあり、野球を再び見始めた頃の印象はあまり良くなかったんですよ。元々、プロ野球観戦から離れていて、まぁ、後にアレなのは本当に上だけで、球団職員さん(愛すべき閑キャラ達に乾杯)や選手達が本当に魅力的なのに気づきました。球団職員さんに関しては「閑話球題(早期再開@PCを祈願。こういう時はウィルコムが恨めしい……)」、選手達は実際のプレーや2006年末にやらせて貰ったアイアンネタのTB企画で好きな選手としてあげて貰ったりでその存在や面白さに気づいた、そんな塩梅でしょうね。

#GWのスカイマークスタジアム訪問が本当に今から楽しみです( ´∀`)

そしてもう一つのネタスレの影響と言えば楽天野球団でしょうか。元々、私は山下大輔さん(現・野球解説者)が大好きで、野球観戦から多少離れていても、ピッチャーデニー! やレフトとライトの交換などにワクワク。二年連続最下位の最終戦は日本シリーズの裏開催とか、そこでの胴上げとかもうねw
そんな関係もあったりで、楽天は当初から2828しながら見ていたわけですよ。初年度はエンドラン仮面と軍曹メット、2年目以降は球団本部長としての辣腕をふるった大ちゃんの影響もあって、大ちゃんと苦闘を乗り越える所はよく見ていたわけです。おかげさまをもちまして楽天の選手に多少詳しくなりましたw とりあえず、ジャーマン先生の活躍に期待すると共にもりたにの覚醒を楽しみにしようかしらと。えっと、楽天のスローガンは「考えて野球せぃ!」だったっけ( ´∀`)

猫はに関しては、遅れてきた兄さんではありますが、沼様のファンなのであります。沼様の覚醒を期待しつつ、今年も例年通りの沼様でいて欲しいという二律背反的な何かを感じてしまう今日この頃です。

鷹はネタキャラメインと言った形w ただ、去年のホークス戦でムネリンのかっこよさを再確認したんですよ。リーダーシップをガッツリと取っているって言うのかなぁ……。なんちゅーか、マンガのキャラクター的なかっこよさがあるとでも言いましょうか。TSUYOSHIとムネリンだったら、アタシはムネリン派ですかねぇw

熊さんはむしろ梨田監督w 基本的に「面白き 事も無き世を 面白く」な人なので、だじゃれキング達(大ちゃんや川相さんw)が大好きなんですよ。なもんで、就任当時からかっ飛ばしている梨田監督のコメントは本当に楽しみにしています。あと、ゴールデンルーキー中田くんは、入団当時の彼女いるッス発言から、徐々に生けるネタキャラ化しているってのもw バレンタインデー前後のネタに今後の(そう言った意味での)活躍を期待せずにはいられませんね。

っと、かもめーずの面々に関しては、次回、項を分けてつらつらと書いていきたいと思います。
posted by おさない at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11139844
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック