2008年02月18日

2008年プロ野球選手名鑑(1)

ナゴヤの誇る巨匠、ドアラ先生のサイン会 in 関東が予想通り土日開催で、整理券枚数を考えると、どう考えても戦う前から敗戦模様な昨今ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。この悔しさは今週末、自身が担当しているエフエムさがみの番組「ウィークリーホットライン」で嫌になるぐらいの書籍紹介で晴らすとしましょう( ´∀`)

#オサナイさんのあやしい紹介により相模原市内での「どあらのひみつ〜かくしゃしゃかいにまけないよ」の売り上げが一冊でも増えれば面白いんですけどねw 放送を聴いて買った熱い人がいたらメッセージを募るとしよう。

さて、いよいよ球春近づくといった形で、今日は2008年プロ野球選手名鑑を買ってきました。各社から発行されている中で、私は個人的な趣味として毎年、日刊スポーツの選手名鑑を買うことにしているんですよ。まぁ、小さい頃にオヤジ様が買ったのが日刊の選手名鑑で、それに慣れ親しんでいるったこと何ですけどね。今年は赤ベースの表紙で各球団の選手は以下の通り。

熊 サエコの旦那(ダルビッシュ(大))
鴎 にゃー(成瀬)
鷹 ぼぶひこさん(松中)
鷲 ジャーマン先生(山崎)
猫 涌井
檻 あんぱんまんの人(北川)

竜 川上(大)
兎 阿部
虎 金本
星 村田
燕 青木
鯉 栗原

かもめーずの選手、西岡を抑えてにゃーで来たのはけっこう驚き。あとはまぁ順当な路線かなぁと思われます。っつー訳で、どこのファンか最近よく分からなくなってきたオサナイさんが勝手に注目している選手をつらつらあげていこうと思います。ヨタ満載なのでまったりとお付き合い下され。

※とりあえず、ファームの選手まである程度分かるのはかもめーずですから、やっぱりねっこはかもめーずなんでしょうねw

日刊スポーツ スポーツグラフ「2008年プロ野球選手名鑑」の掲載順に準じる形でセントラルリーグから見ていきましょう。とりあえずオサナイさんが注目している選手と手元の選手名鑑の写真が面白いことになっている選手を揚げていこうと思いますw

※敬称略で、私のツボには名称の後に「w」がつきます。


豊田/實松/小坂/矢野/清水/大道


落合監督/岩瀬/中田/石井裕/山本昌/小笠原w/ODAw/清水将/森野/良太/中村紀


岡田監督はどう見ても反則ですw/金村暁/下柳/久保田/赤星


ばんてふ/木塚/入来祐/工藤/黒羽根/呉本/佐伯/小関


永川/青木高/東出/梵/前田智/緒方/森笠/嶋


木田/遠藤/萩原/伊藤/宮本/宮出/福地/斉藤宜


なんと言いましょうか、セントラルリーグの試合を見に行く際、なぜかwドラゴンズ戦が多いため、一軍レギュラー組に関しては、ドラゴンズの選手が一番分かるようになってしまいました。元々は鯨派で地元が神奈川なので、ベイの選手も見てはいるんですけどね。ベイとシーレに関しては、どうしても現役選手よりもコーチ陣に目がいってしまう不思議。いーのうえジュン! 田代ラーメン万歳ヽ(´ー`)ノ

それ以外の系統だと、どうしても某所のネタスレでグッと来た面々ということがどうしてもあるわけでして……。この辺は、色々な見聞を広げてリアル選手が気になるきっかけとなった色んな所の職人さんに感謝感謝です。

他の系統で言うと、逆境から這い上がってきた選手や一度地獄を見た面々、援護無し派w、同い年などに嗜好が偏るようですね。ヤクルトの伊藤秀典選手は2006年夏に香川オリーブスタジアムでオリーブガイナーズの選手としてみているだけに、本気で頑張って欲しいんですよ。


写真でオモシロ選手というと……応援ももちろんしているんですが、同級生なドラの「ら様」(小笠原孝投手)がどうしても「やるお」にしか見えなくて困りますねw 阪神の岡田監督はもう別格としか言いようがありません。どうしたらあんなに「グッ」と来る表情になるのでしょうかwww

でも、私がセントラルリーグ内の選手で(オサナイさんの同級生という以上に言うまでもなく色々な意味でw)一番注目しているドラのODAはいわゆる「視力回復手術(レーシック)」を受けて、特徴であるメガネを外してしまったとか言う話で。球界のメガネ分が急激に不足している事態に(間違った意味での)危機感を覚えてしまう今日この頃であります。
posted by おさない at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11092704
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック