2006年07月29日

浦和鴎 vs 湘南海(第10回戦)

声援シリーズKAKIUCHI in 横須賀1
土曜日のお仕事終了後、横浜線と京急を乗り継いで横須賀スタジアムに初めて行ってきました。途中、道に迷いかけましたが、この辺は天性の感で到着。なんか汽笛が鳴ってるんですけど、どういうこと?

…ホームランですか、そうですか。


・横須賀スタジアム
★浦和鴎0 − ☆湘南海6

貧打の波動が浦和打線に伝播。あっさりと21時前に終了してしまいました。つか、佐伯がシーレで4番ってのはちょっと複雑。

声援シリーズKAKIUCHI in 横須賀2
とりあえずはまったりと観戦。横須賀スタジアムの雰囲気はなにげに好きかも。ただ、場内スピーカーがやかましすぎる気がしましたよ。レベルは大きくすればいいってもんじゃない気がするんですけどね。あと、ワイヤレスマイクを過信すると…音が途切れてるって(苦笑)。

とりあえず、ヒットはラッキーヒットってのが多いんだけど、上手いこと繋がってない、そんな印象。まぁ、ベバリンが先発って時点でなんか反則気味なんすけどね。
先発の木興は2失点で降板。続いて出てきたのは加藤コースケ。肩痛がだいぶ癒えてきたってことでいいんですかな。一発喰らったりしてましたが、投げられたことが第一歩ってことにしませう。左の中継ぎ要員として、上に戻ってきて欲しいキモチで一杯です。最後は田中良平もツーランを喰らって2失点と投手3人で仲良く2点づつでした。

野手陣は…根元くんはお約束のやらかし。マリンの阪神戦で魅せた好守のイメージが消えかかっていますよ。がんばりませう。あとは青松くんを初めて見ましたが、ちょっとフリーパスだったかなぁ。まぁ、浦和でしっかりと揉まれて、マリンで花を咲かせてくれることを祈ってます、はい。

最後に観戦してたスタンドの印象。瑞季ファンが結構多いんだなぁと言うのが一番の印象かな。あと、ヤジがあるのは当然なんだろうけど、つぶやき系で笑えないヤジを内に向けて飛ばすのは、ねぇ。笑えるヤジは大好きなんだけども…。思ってることをただただ言うんだったら、チラシの裏にでも書いてくれって感じでしょうか。スタンドのどこにその選手を応援しているファンがいるか分かんないんだから、ねぇ。

と、TETSUYA KAKIUCHIを見に来た私は軽く怒筋を立てながら思いましたとさ。

まぁ、痛い人はどこにでもいるからって達観して、右から左にしてないとって感じなのかも。まぁ、ノホホン、ノホホンでいきませう。

…しかし、あたしが観戦するとコースケと山北が登板する率が高いなぁw
posted by おさない at 23:59| Comment(2) | TrackBack(1) | かもめーず 2006
この記事へのコメント
横須賀には親父コーチはいましたか?w
Posted by 5150 at 2006年07月30日 02:32
>>5150氏
あたしの隣には早坂ユニを着られていた穏和なご隠居風な方がいらっしゃいましたよ。ちょっとフィールド・オブ・ドリームスな気分でした。
Posted by おさない at 2006年07月31日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1046270
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

対バッファローズ戦 代田選手、涙のお立ち台 /本日の2軍
Excerpt: IN 京セラドーム 昨日の総力戦で掴んだ勝利を無駄にせず、少しずつ上昇気流に乗ってきているような気がします。 全員野球で効率良く得点し、強い時のマリーンズを感じさせます。 先発の久保投手、10安打..
Weblog: 竹原25.com分室
Tracked: 2006-07-30 02:36